2012年08月08日

チャート分析:ラインと抵抗




チャート分析の具体例を挙げていきます。

前回のオーストラリアドルの上昇トレンド。
始まりは、5月の末頃でした。

オーストラリアドル/ドルの週足チャート。

audusd1w





直近安値は、5月の末ごろです。

オーストラリア/ドルは、2年程前に0.95を上回ってきました。
(上図、青の水平線。左端の陽線が2010年秋)

0.95を上回ってからは、終値で0.95を下回っていません。
下回ってもすぐ戻すので、強い抵抗があると考えられます。
この場合、0.95という固定値に抵抗があります。

トレンドラインに抵抗が発生することも多いです。
上図の赤の斜線、一度折り返したところで下降のトレンドを引きました。
このラインで抑えこまれるか、突破してくるのか注目です。

一度突破したラインは抵抗に変わることが多い。
ラインの特性として、これも再現性の高い現象です。
具体例があり次第書きます。



・このチャートを見て感じること。
トレンドの起点は逆張りです。
実際の逆張りも、直近安値の手前から開始しました。





・逆張りに恐怖心のある方
デモや、1000通貨単位の口座で始めてみては。
SBIFXは1通貨単位からでも可能です。
➾ ➾ FXを始めるならSBI FXトレード!




・ラインをひく絶対条件

正確にラインを引くことは必要不可欠です。
自信の無い方は、ツールを使うことをお薦めします。
売買サインの点灯するものもあり、実績も検証されています。
➾ ➾  ゴールデンスパイダーFX 5年〜10年と使える一生物の宝 【ゴルスパFX 】





                        

posted by FX チャート分析 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。